上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心のエコ ピース芸術文化祭のお知らせです


心のエコ って どういう意味なんだろう

心のエコ 心のエコ


ますます シンプルに
人生は アートだ 

奇跡がはじまる!


よーーーし まず 行ってみよう


わくわく
土井卓



 秋田の勝平地区に伝わる民話「姉妹地蔵」が絵本になったそうです!

 その絵本制作発表も兼ねて行われます



7月24日(日) 「 Vol.2 心のエコ ピース芸術文化祭 」



会場  勝 平 寺  秋田市新屋南浜町15-17 ℡018-823-3565


10時~    おそうじ隊  勝平山 お地蔵さん周辺

10時30分~ 学 び 隊  勝平小学校図書委員会 読み聞かせ 絵本制作発表

        作 り 隊  世界物語遺産 認定
               『海から上がったお地蔵さん』

         読 み 隊  絵本の紙芝居 勝平小学校 第41期卒業生 保護者
               秋田弁朗読 『三枚のお札』
                     『花さき山』

11時30分~ 知 り 隊  雄物川の今と昔 写真・水墨画他 展示

12時~    食 べ 隊  売店・食堂のオープン 笹巻き・パン・おにぎり・あさづけ
               (商業高校生徒ボランティア)

13時~    聴 き 隊  テーマ『未曾有の原発、震災に直面して』

14時30分  第 一 話   講師 石丸小四郎氏 秋田生まれ

               (福島県富岡町~)秋田市で避難生活
                脱原発運動から40年を経て、
                全国での講演依頼のため、多忙を極める。

14時30分  見 学 隊  震災慰霊とお地蔵さんお参り 『君が代』

15時~17時 学 び 隊  講師 山川紘矢・亜希子氏
               第 二 話  テーマ『命の教室』

                
  ■PROFILE■山川紘矢
  翻訳家。1941年、静岡生まれ。東京大学法学部卒業。大蔵省に入省し、マレーシア、
  アメリカなどで海外勤務を重ねる。1987年に退官して翻訳家に。

  ■PROFILE■山川亜希子 
  翻訳家。1943年、東京生まれ。東京大学経済学部卒業。夫・紘矢とともに海外生活を体験。
  外資系会社勤務の経験も。夫の退官後、ともに翻訳の仕事を始める。共訳に『アルケミスト』
  『聖なる予言』『カミーノ―魂の旅路』『ザ・シークレット』『心を癒すワイス博士の過去生
  退行瞑想』など多数。


17時~   歌 い 隊   ミニコンサート 『県民歌』
                NPO法人 We Love あきた歌のネットワーク


18時~   しゃべり隊  第 三 話  交流会
                会場 第一会館 本館 (会費 飲み放題 3150円)



非営利型  一般財団法人 カミーノあきた  理事長 齊藤光子 携帯09055993336
事 務 所  秋田市新屋松美が丘北町12-1 aino5568@gmail.com


後援 秋田県・秋田県教育委員会・秋田市・秋田市教育委員会・秋田県PTA連合会・秋田県高等学校
   PTA連合会・ABS秋田放送・AKT秋田テレビ・AAB秋田朝日放送・秋田魁新報社・読売
   新聞秋田支局・河辺雄和商工会

協賛 たけや製パングループ・雄和トールケーゼ組合・秋田味商・㈲アートコピー


▽駐車場 係りの者がご案内します
勝平寺 本堂 20台 / 第二 20台
秋田市南浜地域活動支援センター 約40台
スポンサーサイト

世界にLink


未来に生きる為に生まれてきたこどもたちや若者たちは

ちゃーんと未来のことわかってるんだろうなって思う時がたまにあります


自分たちが暮らす未来を 自分たちでつくる!未来を迎えに行く!

自分を迎えにいこうぜーーー!


信じ抜く!!!

ぜったい 大丈夫だから

無条件で 未来を 信じよう!




さて !!!!!


希望いっぱい 情熱いっぱい 愛いっぱいの 里菜ちゃんより

イベントのお知らせを頂きましたーーー



もともと3月に映画の上映を計画していたそうですが

回りまわり、やはりやろうということになったそうです

それぞれの被災地での活動や海外県内県外での活動も踏まえ

イベントが開催されます。



とってもおもしろくなる予感です!!

僕も行きます。わくわく


繋がろう。 みんなと 自分と 宇宙と 未来と。


それでは 当日お会いしましょう

土井卓


以下、

・里菜ちゃんの言葉
・スタッフ一同より
・イベント詳細

-----------------------------------------------------

自分の一歩を踏み出したり、自分の人生を決めるのは自分だと思ってます。でも、何かを感じて心が動かされたり、自分の世界が広がったり、世界を変えてくれるのは、人の影響力が大きいと思います。大切にしたい世界への本気の想いによって、誰かが何かを動かされて、そして、また誰かに繋がっていく。
そんな想いを色んな大切な人たちとの出逢いを通して、学ばせてもらいました。

このイベントには、写真、映像、スタッフ、本当に多くの人たちの想いが詰まってます。だから、一人でも多くの人たちに、本気の想いの世界に触れてほしい。そして、一歩を踏み出すきっかけにしてほしいと願っています。
誰かのために、そっと手を差し伸べることができる優しい世界がこれからも広がっていきますように

里菜でした。

---------------------------------------------------------------------------------


私たち国際教養大学所属サークル、サービストラベルICCは、カンボジアエイズドキュメンタリー「それでも運命にイエスという。」日本一周上映プロジェクトの秋田版として、2011年3月25日開催のイベントの企画をしていました。

2011年3月11日、東日本大震災が発生し、関東東北11会場の中止が決定したことで、私たちのイベントも残念ながら中止となりました。


震災後、東日本復興のために、日本中、そして世界中から​多くの人々が支援の手を差し伸べる姿を目の当たりにし、世界と日本の繋がりを改めて実感しました。


国際協力も震災支援も、全ては困っている誰かを助けたいという想いから始まるのではないでしょうか。


もし、多くの人たちが他人事ではなく自分事として、世界の現状を考えることができたら、世界に手を差し伸べる“わ”が広がっていく、と信じています。

そのような想いから、前回の国際協力の要素に震災支援を加えたチャリティーイベントとして、当イベント「世界に​Link! ~つなげるつながる支援の“わ”~」の開催を企画しました。

当イベントが、一人でも多くの方に支援のあり方や世界の現状について考えて頂く機会となることを願っています。

皆様のご来場心よりお待ちしております。

スタッフ一同

-----------------------------------------------------------------------------
---以下イベント詳細---



2011年3月11日。

東日本大震災発生。

日本が未曾有の災害に包まれた時、

東日本のために、日本中、そして世界中から、多くの支援の手が届いた。


「困っている人を助けたい。」


国際協力も震災支援も、全ての始まりは、誰かの力になりたいという想い。

すぐ隣の街で、助けを必要としている人がいることも、

海を越えた遠い国で、多くの人が病気で苦しんでいることも、

どちらも同じ空の下、ひとつの“世界”で起きていることだから。



世界にLink!(繋がろう!)



今、“世界”と繋がって、誰かのために、あなたの手をそっと差し伸べてみませんか?

そこから広がる優しい未来のために。

あなた と あなた の“わ”を繋げて。



「世界にLink!~つなげるつながる支援の“わ”~」



【日時】2011年7月30日(土)18:30開場 18:45開演 21:00 閉場

【場所】 秋田市民交流プラザ ALVE 2F多目的ホ​ール
アクセス→http://www.e-alve.com/acce​ss/index.html

【入場料】一般1000円 、学生800円
(経費等を除いた収益は、全て東日本復興支援のために寄付させて頂きます。)


【定員】120名

【お申込み】
件名に「イベント参加希望」と、①氏名②電話番号③一般​または学生④参加人数を本文に記入の上、
servicetravel2006@yahoo.co.jp
まで、お申し込み下さい。




【コンテンツ】

写真展:

高橋智史氏(秋田県出身フォトジャーナリスト)カンボジアの写真展「素顔のカンボジア」

佐藤慧氏(岩手県出身ジャーナリスト)陸前高田の写真展「魂のかけら」

映画上映:

カンボジアエイズドキュメンタリー『それでも運命にイエスという。』

2010年(カンボジア/日本) 葉田甲太/小川光一監督  <映画予告編>

http://www.youtube.com/watch?v=dF0dw5jrjKI



※この映画には性的表現(言葉)が含まれるため、中学生以上の視聴をおすすめします。

講演:

小川光一氏 (東京都出身同ドキュメンタリー映画監督/NPOみんつな共同代表)

展示物:

• 団体紹介(サービストラベルICC、NPOみんつな、秋田の国際協力・震災支援活動をしている団体の紹介)

• 映画関連情報紹介(監督紹介、カンボジア基本情報、HIV/AIDS基本情報)

*イベント終了後は、Link!タイムと称し、展示物鑑賞、交流等を楽しんで頂く時間を設けております。

【主催】国際教養大学 サービストラベルICC  イベント責任者:鈴木里菜





団体・協力者紹介

【主催】国際教養大学 サービストラベルICC(以下サビトラ)
秋田国際教養大学を拠点とする、国際協力サークル。「知り、学び、考え、行動する」をモットーに、2004年より、活動している。サークル内での勉強会や講演会を通し、考えを深め、フェアトレードカフェ運営や、スタディーツアー等のイベントでその成果を発信している。部員一人ひとりの価値観を尊重し合い、サビトラを通して、一人ひとりが一歩を踏み出すきっかけを掴んでいる。


【映画】『それでも運命にイエスという。』
2010年(カンボジア/日本) 40分
カンボジアのHIV問題に対するドキュメンタリー映画。HIVに関連する様々な場所に触れ、差別や偏見について訴える当作品は、2010年UFPFF国際平和映像祭発表会にも選出された。映像に関して素人である2名によって制作された映像ではあるが、その仕上がりには、バトルロワイアルⅡなどで知られる深作健太監督も「言葉にならない。どんな言葉を絞り出しても嘘になってしまう」と感動のコメントを送っている。
予告編→http://www.youtube.com/watch?v=dF0dw5jrjKI


【講演】小川光一氏
『それでも運命にイエスという。』共同監督。ドキュメンタリー映画監督やアフリカの孤児院支援等、8団体に所属して多岐に活動中。3月12日NPOみんつなを結成。共同代表を務め、岩手県陸前高田市には今後十年通う。今夏、国際協力カフェ「INSTEP LIGHTS 」を都内にオープン、2012年10月には「FLOWER IN HEART株式会社」を起業予定。世界を“心”から変えていくために、人と人、想いと想いを繫いでいく存在、多くの人を優しく照らす“光”のような存在を目指し日々邁進中。

【写真】佐藤慧氏
株式会社 studio AFTERMODE所属フィールドエディター/ジャーナリスト。2007年に初アフリカ訪問。ケニアとタンザニアを旅する。その後、アメリカのNGO職員としてザンビアではHIV/AIDSや公衆衛生、中南米ではボランティア教師として働く。2009年、ザンビアでは学校建築プロジェクトを立ち上げ完遂。現在は、フィールドエディター/ジャーナリストとして、ザンビア、コンゴ民主共和国を中心に取材。今回の震災を契機に、両親の住んでいた町、岩手県陸前高田市の復興支援を行っている。NPOみんつな共同代表。

【写真】高橋智史氏
フォトジャーナリスト。1981年10月6日生まれ、秋田市出身。秋田西高卒業後、日本外国語専門学校国際ボランティア学科入学。その後、日大芸術学部写真学科で学んだ。専門学校時代のNGOのボランティア活動をきっかけに写真を撮り始める。カンボジアを主に東ティモール、アフガニスタン、スマトラ沖地震津波被災地などのアジアの問題、人々の営みを取材し雑誌、写真展などを通じて作品を発表。現在、カンボジアのプノンペンを拠点に、取材活動を続けている。

【協力】NPOみんつな~東日本復興プロジェクト~
2011年3月12日設立。岩手県陸前高田市を中心に長期的な自立復興支援と報道活動を両輪に掲げて活動している任意NPO。「みんつな」という名称には、「一人ひとりができることから携わり、みんなが繋がって未来へ進む」という想いが込められており、現地支援と後方支援のプロジェクトを軸に、現地の人々の声に継続的に耳を傾け、人と人との関わりから生まれる活動を大切にしている。
(当イベントに協力して頂く、佐藤慧氏、小川光一氏が中心となり設立された任意NPOです。)



--------------------------------------------------

最後まで 読んで下さって 本当にありがとうございます。

土井
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。